トランプ氏、CNN「暴行」動画投稿

トランプ氏、CNN「暴行」動画投稿

エスカレートする大統領のメディア攻撃

2017年7月3日

© aradaphotographyh

トランプ大統領は7月2日、スーツ姿の人物を殴打している自身のビデオ映像をツイッターに投稿した。

人物の頭部には、CNNのロゴが重ねて表示されており、メディアに対する脅迫と受け取られかねない内容に非難が殺到している。

約30秒の動画では、プロレスのリング脇に現れたトランプ氏が、スーツとネクタイ姿の人物を組み伏せて激しく殴りつけている。

殴られた人物の頭部をCNNの赤いロゴが覆うように映像処理されているため、トランプ氏がCNNを相手に乱闘しているようにみえる。

この動画は、大統領就任前のトランプ氏がプロレスのイベントに出演した際の映像を加工したものとみられる。

CNNは「大統領が記者に対する暴力を奨励した悲しい日」と指摘。

トランプ氏が北朝鮮核問題などの課題に取り組むよりも「子供じみた振る舞い」に時間を浪費していると批判、「私たちは仕事を続ける。

大統領も仕事をするべき」とした。

今回の投稿には身内の共和党からも当惑の声が上がっている。

その一方で、ボサート米大統領補佐官 (国土安全保障・テロ対策担当) は「大統領にはメディアに反論する権利がある」 と擁護した。


(2017年7月16日号掲載)