SDに建造する壁の試作品、業者選定

SDに建造する壁の試作品、業者選定

2か月半の予定遅延、費用約50万ドル

2017年9月1日

トランプ政権は8月31日、不法移民阻止に向けたメキシコ国境の壁の試作品を造る業者4社を選定したと発表した。

素材はコンクリート製としている。

米メディアによれば、選定された4社は、高さ、長さともに約9メートルの試作品をサンディエゴで造る。

トランプ政権は4月下旬、メキシコの壁建設の全体予算が今年度の連邦予算に計上されなくても、今夏を目処 (めど) に、サンディエゴに接する国境付近に壁の試作品を建造する方針を明らかにしていたが、結果的に入札業者の選定については2か月半遅れた。

費用は約50万ドル (約5500万円) 以下とみられる。

国境警備局は、コンクリート製以外の素材で試作品を造る業者も近く発表するとしている。

トランプ政権は10月に始まる2018会計年度の予算に壁建設の初期費用16億ドル (約1765億円) を盛り込むよう要求しているが、上院での法案通過は困難視されている。

トランプ氏は壁建設費が計上されなければ「政府機関の閉鎖も辞さない」と表明している。


(2017年9月16日号掲載)