shinji-san.gif ▽ 不規則な日常の中で日課にしている夕刻のウォーキング。自宅界隈の約3マイル/1時間のコースを13年間、ほぼ毎日歩いている。日没前の茜色にたたずむ近隣公園は “西方浄土” を思わせるほどの美しさだ。体力増進とストレス解消で一挙両得。▽ ストレス解消の一方で無常観にも襲われる。見慣れていた人物や動物の姿が無くなっていく。常連ウォーカーの老夫妻が奥さんだけになり、その人の姿もやがて …。ホリデーになると「自由の女神」に仮装する自閉症らしき少年、パイプをくわえて漫歩していた作家風の中年男性、ガレージ全開で下手なギターの弾き語りを披露していた兄弟、人懐っこく駆け寄ってきたポメラニアン … 皆、何処へ行った? ▽ 毎夕、打ち水をしていた小柄な老人がいた。いつも挨拶だけで立ち話をしたのは数回。ある日 「コーヒーでも飲まないか」と誘われたが、私は一時帰国(日本行きもストレス解消法) を翌日に控えていたので断った。帰米して日課を再開したが “水撒き老人” の姿はなく、来る日も来る日も別の男性が散水をしていた。尋ねると1週間ほど前に老人 (彼の父親) は他界したという。顔見知りが次々といなくなる。ポツリポツリと消えていく。やがて自分も消えていく。変わらないのは、夕陽に映える神々しい景色だけ。 (SS)

blue_line932

sato-san.gif ▽ 最近のストレス解消法は次の通り。人気ドラマを楽しむ 「テレビジャパンタイム」  、猫と一緒にゴロゴロする 「ペットタイム」、ホカホカの玄米に納豆をかけて食べる「満腹タイム」、バスクリン入りのお風呂に浸かる日本の「名湯タイム」、カウチでウダウダする「自堕落タイム」、日本の親とスカイプする「お元気でっかタイム」、音楽ガンガンの暗闇の中で自転車をこぐ「スピニングタイム」、同僚と楽しむ「世間話ランチタイム」、日本への「里帰りタイム」などなど。▽ 先日の『NHKガッテン』 で、ストレスを解消してくれる幸せホルモン 「オキシトシン」  が特集されていた。そのホルモンは人と人、人とペットが触れ合うことで脳から分泌するそうで、その効果は科学的に証明され、何と、認知症、高血圧、痛みなどが驚くほど改善されるとのことだ。番組では、タッチケアの方法などが紹介されていたが、触る側にも効果はあるとのこと。スウェーデンでは学校で指導されているそうだ。また、スキンシップ以外でも、他者に優しくしたり、交流することでどんどん分泌するらしい。触るものといえば 「キーボードかスマホ画面」という毎日だが、 「思いやりホルモン」をドバドバ出してストレスを解消したい。 (NS)

blue_line932

sheau-ching-san.gif ストレスがたまると体に悪い!。。。。と、私だけじゃなく、皆さんもきっと思っていることだと思う。どんなライフスタイルでも、毎日の生活の中、目に見えないストレスがたまってくるし、解決法があってもなくても、体にかなり影響していると思う。今から15年ほど前、細い体に少しだけでも筋肉をつけたいとの目的で、仕事の帰り、ジムに週1回だけ通っていたが、毎回のように翌日の筋肉痛に苦しめられた(私は本当に弱かった)。しかし、あるきっかけで5年ほど前から、本格的に週5回ジムに通うことになり、今でもそれを続けている。TKB、Zumba、U-Jamなどのクラスを取って、音楽をEnjoyしながら、体を動かして、汗をたくさんかいている。昨年5月に母が亡くなり、今年の始めは病気治療+休養のため、2か月ほど会社を休むなど、いろいろなことがあった。健康が第一なので、これからもジムに通い、クラスを楽しめるように頑張って、ストレスFREEの生活をめざしたい!  (S.C.C.N.)

blue_line932

yoko 私のストレス解消法は、休日にゆっくり眠ること、好きな音楽を聴くこと、のんびり読書しながらコーヒーを飲むこと、ネコたちとだらだらすること、好きな映画やアメリカドラマを観ること等々 … だった。これは気楽なシングル生活をしていた5年前までの話。もうすぐ4歳 & もうすぐ2歳のチビたちがいると、どれもできない。ゆっくり眠る → 無理! 5時半から6時に起こされる! 好きな音楽・読書 → そんな時間はない! ネコたちとだらだら → だらだらする時間はない! 映画・ドラマ鑑賞 → テレビは子供と旦那が占領。唯一自分の時間が持てる時は、子供たちの就寝後だ。眠るまでの数時間、暗闇の中、Kindleで読書をするのが楽しみになっている。それから週末に家族でいろいろな所に出かけるのが、私のストレス解消になっている。子供たちがエンジョイしているのを見て、写真に収めるのも楽しみの一つだ。今は子供たち中心の生活になっているので、その中で楽しみを見つけている。彼らが大きくなって手が掛からなくなったら、また自分の趣味を見つけて楽しんでいきたいと思う。 (YA)

blue_line932

reiko-san 庭の掃除。運動して汗をかいた後は気持ちがすっきりするので、できるだけ運動をするように心がけている。朝、娘を学校に送り届けた後、そのままジムに直行して、エクササイズマシンで1時間ほど運動して気分爽快!というのを週2日くらい実行するようにしていたのだが、放置していた我が家の裏庭の雑草が伸び放題で、大変なことになっているという現実からとうとう目をそらすことができなくなった。なので、最近はジムへ行く代わりに、庭の掃除で汗をかくことにしている。一心不乱に雑草を抜いていく作業は地味で根気のいる作業。数分もやっていると汗がじわじわと出てくる。雑草を抜いた後には様々な虫が動き回っている。それを狙ってやって来たと思われる鳥たちのさえずりがにぎやかだ。視線を感じると思って顔を上げると、向こう側の雑草の茂みから近所の猫が私をじっと見つめている。あー、風が気持ち良いな〜などと思いながら、動き回っていると、あっという間に2時間が過ぎる。汗だくで作業を終えて、シャワーを浴びて気分爽快〜。頑張った成果は目の前にあるから、充実感もばっちり。最近の私のストレス解消法である。 (RN)

blue_line932

suzuko-san かつてあるクラスで「どんな時にストレスを感じるか」というアンケートを取らされた。「仕事がうまくいかない」「人付き合いが …」など約50の質問事項があって、各事項を1~5のレベルでチェック。その合計点を自分のストレス度とする、というものだった。テストに取り掛かる前に、先生が「きっとBelleさんがクラスの中で一番数字が低いのでは」と指摘したのだが、私は、周りにもストレスなしで生きているように見えるらしい。先生の予想的中で、結果は20数人中、私がダントツ的?に低い数字だった。「やはり!」。確かに、他の人にはストレスになることもストレスとならないようにする(これが一番の解消法!)。元来があまりくよくよ考えない。過ぎたことをいじいじ考えたって、過去は変わらない。であるから、次の楽しいことを考える、というふうに自分を訓練してある。例えば、私の仕事にはキャンセルが付きもので、キャンセルされると途端に収入が減るから、本来はかなりのストレスものだが、「ああ、今日は時間ができた」「また別の仕事が入ってくるさ」と楽天的に考える。長年人間をやっていれば、自分を守る知恵がそれなりに付いてくるもんだ。かく言う私にも、時にはストレスを感じることは、もちろんのろん、ある。そういう時は、車の中で大声!で歌う!のです。 (Belle)

blue_line932

jinnno-san ストレスというストレスが、たぶんないわたし。ストレスってイライラすることでしょ? なんで人はイライラするんだろう? 例えば、職場での人付き合い、仕事がうまく進まない、子供のこと、配偶者のこと、彼氏のこと? 原因は、人間関係が90%占めるんじゃないかしら。で、なぜわたしはストレスがないと思うんだろう。またはあっても “ストレス” って感じないんだろう、と自己分析してみた。理由 : ① もともと友達が少ない … から関わらない(さみしーっ 笑)。 ② 家族は全員ニッポン。離れているから、喧嘩もない (いいんだか、わるいんだか)。 ③ 仕事場は仕事として割り切っている、から、感情的な深い関係はない (ハッキリ言って、冷たい?)。 ④ 自分にムリをすることが、まずない (超マイペース? 笑)。 ⑤ 自分に良いように、何でも解釈 (ポジティブ思考ね、いいでしょー)。 ⑥ ガマンすることがないから、ストレスがない?(えー、わたしって結構ワガママ?)。でも、もし何かでストレスを緩和するとしたら、やっぱり“探偵ナイトスクープ” (前回に引き続き!) を観て爆笑でしょー! 何だか分からない方は、ググってね〜! ストレスもすっ飛ぶヨ! この話ばっかりしてるから、探偵になりたくなってきた(笑)。 (那月と彩雲と満星のおば)

blue_line932

  結婚前は、時間がありさえすればテニスコートに行き、誰か打つ相手がいれば、朝から夕方まで人を入れ替えながらゲームを続け、打つ相手がいなければ壁打ちをしていた。それが私にとって一番の楽しみであり、ストレス解消になっていた。運動して汗をかいた後の気持ちよさはよく知っているし、またそんな気分になりたいとも思っているが、今では手のかかる子供も2人いて、そんな元気も時間もないのが現実。運動中に子供を預けられるジムに通っていた時期もあるが、ランニングマシーンと他の2種類くらいのマシーンしか使いこなせなくて、月々の支払いも馬鹿にならないので止めてしまった。そんな私も、一日の中で一番気持ちが落ち着く時間がある。自分が朝一番に起きて朝食の支度をし、夫や子供たちが起きてくるまでの30分くらいの間、コーヒーを飲みながらゆっくりと自分1人だけの時間を楽しむこと。または、子供や夫が寝静まった後、自分が寝るまでの時間、本を読んだり映画を(途中まで)観たりすること。結局、1人でゆっくり好きなことをしているのが好きってこと? (SU)


(2016年6月16日号に掲載)