2019 ボディーサーフィン 世界選手権

2019 World Bodysurfing Championships
2019 ボディーサーフィン 世界選手権


波乗りの原点、サーフボードを使用しない競技大会
オーシャンサイドの人気イベント、熟練者の技量を堪能

オーシャンサイド・ピア付近の海岸で開催されるボディーサーフィン世界大会。

各国から350〜400人の熟練サーファーが集合し、チャンピオンの座を目指してパフォーマンスを競い合う。

ボディーサーフィンはサーフボードやボディーボードなどの道具を一切使用せず、足にフィンを付けて身体だけで波に乗るスポーツ。

波乗りの元祖とも言われ、波の構造を熟知し、泳ぎのテクニックも要求されることから、ライフセイバーの訓練にも取り入れられている。


競技は年齢別に行われる。

男子は12〜14歳、15〜17歳、18〜24歳、25〜34歳、35〜44歳、45〜54歳、55〜64歳、65歳以上の8部門に、女子は12〜17歳、18〜29歳、30〜44歳、45歳以上の4部門に分かれる。

波の選択、テイクオフ時のクオリティーとスタイル、波に乗っている状態のポジション、スタイル、テクニック、持続時間、波乗り後のクオリティーとスタイル、オリジナリティーなどを考慮して、それぞれの波ごとに10点満点で審査され、ベストスコアの合計が競技者の得点となる。

出場希望者は下記ウェブサイトよりエントリーフォームをダウンロードして申し込む。


OCEANSIDE PIER(1 Oceanside Pier, Oceanside) 周辺
8/17 (土)・ 8/18 (日): 6:30am 〜
エントリー費用:$75 (個人)
www.worldbodysurfing.org


(2019年7月16日号掲載)